(ウィルソン)1000分の3秒を5秒にするガットのレビュー!打感やガットの形状も

1000分の3秒を5秒にするガットの画像 ギア
dav

こんにちは!

先日ウィルソンの「1000分の3秒を5秒にする」というガットの試打を行わせていただきましたのでそのレビューをしようと思います!

レビュー以外にも、もちろん打感についての情報もあります(*’ω’*)



ウィルソンの1000分の3秒を5秒にするガットの打感レビュー

全体的に結構反発力のあるガットと感じました!

今回のガット張りも友人から依頼されたので張り上げの感想も後で書きますね。

セッティングは

  1. ラケットがウィルソンのプロスタッフ
  2. ガットはウィルソンの1000分の3秒を5秒にするガットを45ポンド

でした。

ウィルソンの1000分の3秒を5秒にするガットのストロークについて

反発力がある分、結構飛んでいくなぁという印象をストロークでは受けました!

スピンをかけた山なりのボールならしっかりとした食いつきを実感しながらも、反発力をしっかり感じることが出来ました!

逆にスピードだけの直線的な打球ではうまくボールが沈んでくれないため、レンジのコントロールがかなり難しく感じられました(;’∀’)

スピンをしっかりかけたストロークが好きという方でなおかつ反発力が欲しいという方には結構おすすめできるガットと思います!

通常では反発力とホールド感は相反する性質なので、両立したガットというのは難しいですがこれはちょうどいいように感じました!

僕はいつも断然ガットはポリエステル派なんですが、このガットはかなり良いですね(*’ω’*)

この打感は結構ちょうどいい感じで好きです!

ボールのインパクトの時の腕への負担も結構和らげてくれているような印象があるので、中高生やポリエステルの使用が厳しくなってきた人は良いかもしれませんね(‘ω’)

ウィルソンの1000分の3秒を5秒にするガットでのボレーについて

ストロークで打感などはかなり書いたので書く内容が結構薄くなる可能性があります、すみませんm(__)m

反発力があるプラスしっかりホールドすることが出来るのでドロップなどは軽い力で思った通りに飛んでくれましたね(*’ω’*)

ただ、あんまり欲を出しすぎるとミスをしてしますのはいつもと同じでした(笑)

慣れていないガットのせいか、並行陣などでメチャメチャ早い展開になるとポリエステルガットとの違いか上手くボールを飛ばせないことがありました( ;∀;)

まあ、この辺は練習や調整で何とでもなる範囲ですが…

ロー・ミドル・ハイボレーそれぞれ打ちやすく、どれかが打ちにくいということはなかったですね。

ウィルソンの1000分の3秒を5秒にするガットのサーブ

ここが一番うまくなじみませんでした(笑)

普段のようなタッチの感覚ではなかったので、球離れがやや遅かったので「?」という感覚が抜けませんでした。

ただ、スピードが出ないかというとそういうわけではありません。

このガットに合わせて打っていけば結構いい球はいきました!

球がガットに乗ってくれる分、スピンサーブ・スライスサーブが打ちやすかったです(*’ω’*)

しっかり時間をとることでサーブの変化を実感することが出来ました。

慣れないとは書きましたが、決して打ちにくいということではありませんのでご安心を!

ウィルソンの1000分の3秒を5秒にするガットの形状について

今回はガットの張り上げまでやったので、じっくりと観察しました(笑)

ガットについて詳細が書かれている添付文書はなかったので憶測や考察が入りますがそのあたりはご容赦をお願いしますm(__)m

ウィルソンの1000分の3秒を5秒にするガットはナイロンガット?

ガットそのものはモノフィラメントのナイロンガット思います。

根拠その1として、ガットの断面が↓のような形状でした!

1000分の3秒を5秒にするガットの説明の画像

画像では真ん中の芯の部分が結構大きいですが、ウィルソンの1000分の3秒を5秒にするガットは赤丸で囲った程度しか芯はありませんでした!

この辺に打ちやすさの秘密、企業努力が隠されているような気がします(‘ω’)

根拠その2ですが、ポリエステルガットは折り曲げると型がついて取れないですが、このガットは折り曲げてしまっても復元する力が強かったのでこの辺もナイロンガットと思うに至った理由の一つであります!

NXT POWER16 or NXT POWER17の後継?

ガットには工場での管理の為か、刻字・刻印されていることが多いですがこのガットにもNXTの文字が書かれていたように思います。
読み間違えてたらすみません!m(__)m

ウィルソンからはナイロンガットとしてNXT POWER16 と NXT POWER17が販売されています!

NXTの画像

ガットのカラーやナイロンガットということから考えても、NXT POWER16 かNXT POWER17の後継モデルのガットという可能性が強いですね!

今回当選しなかったという人はこれらで試してみると近い打感かもしれませんよ!

さいごに

今回の1000分の5秒を3秒にするガットを試打させてくれた友人と先日のスマートを試打させてくれた友人は同じ友人です(笑)

連続で当たるとは中々持ってると思いました(*’ω’*)



コメント