反日種族主義の購入方法は?日本語翻訳版やあらすじや口コミなどの感想についての情報も

気になる話題

こんにちは!

日本と韓国とで国家間の関係が悪くなってきていますが、そういった状況の裏でそういった動きを戒めるような”反日批判本”がベストセラーになっているようです。

不買運動もそうですが、日本人女性が暴行されたことでもわかるように「親日狩り」が激化しているようなので著者の方の安否が心配になりますね(;’∀’)

今回は反日批判本の購入方法や日本語翻訳版の有無や著書のあらすじ、口コミ・感想などについてまとめました!

関連記事として
韓国の掲げるNO日本ってなに?NO日本旗についての情報も」を紹介します!
https://fishingjoker.com/nonihonnituite-1417/



反日種族主義の購入方法は?

Yahooショッピングとアマゾンなら比較的楽に購入することができます!

書店にも並んでいる可能性はありますが、そうなると取り揃えているかを電話や口頭で確認する手間がかかってくるのでネットショッピングが楽でいいと思います(‘ω’)

Yahooショッピングの販売ページはこちら
Amazonの販売ページはこちら

反日種族主義に日本語翻訳版はある?

まだ販売されていません(´;ω;`)

日本国内での翻訳版は年内での出版を予定しているとのことです!

文芸春秋社と出版に向けての協議を進めているそうなので、購読するなら続報を待たなければなりませんね。

※情報元のYahooニュースページはこちら

反日種族主義のあらすじや内容は?

僕は韓国語の読み書きはできないので、調べた内容をまとめますね!

内容的には

  1. 「慰安婦」徴用の強制性を否定
  2. 竹島の韓国の領土であるという証拠がない

という韓国人が聞いたら驚きそう(怒りそう)な内容になっていますΣ(・□・;)

ベストセラーということは一定数この著書に共感する人がいるということですよね…

反日種族主義の口コミなどの感想について

やっぱり気になるのは口コミや反応についてですよね(;’∀’)

テレビでも韓国人の反日活動はよく見ますよね(;^_^A

反日活動はテレビを見る人全員が同じような感情で、そのニュースを見ていたと思います。

この「反日種族主義」に関してどんな感想があるんだろうと思いませんか?

Twitterの反応について

やはり日本語訳を望む人がいますね!

僕も読んでみたいですもん(‘ω’)

過去にも韓国人が書いた検証の書籍を一緒に紹介していますが、過去にもそういった書籍は出ていたんですね。

統計的に数字をとって説明しているというのはかなり信頼できる内容の著書ということになりますよね(‘ω’)

ただ、批判的な内容の著書なので「反日種族主義」の共同著者が攻撃を受けたりしているそうです(;’∀’)

↓のツイートに添付されている動画のように活動家の攻撃を著者の一人が受けたりするそうです…

こういう情報を見るとやはり韓国という国はちょっと怖いと感じてしましますよね(;’∀’)

Amazonのレビューについて

アマゾンでの購入パージの下部にレビューがあってその中でのベストレビューがこちらでした!

日本人が読めるように日本語訳を望むレビューが多かったです。

反日種族主義のレビューの画像


反日種族主義の著者について

李栄薫さんという方です。

李栄薫の画像

大韓民国の経済史学者です

ソウル大学経済学名誉教授・落星台経済研究所所長という肩書で

経済史学会会長・韓国古文書学会会長も務めていたというバリバリのインテリですね。

 

さいごに

最近の日本と韓国は本当に関係が悪いです(;’∀’)

歴史認識が歪んでいることから反日活動が盛んになっているといわれていますので、こういった著書をきっかけに両国の友好が進めば一番いいと思います。

GSOMIAも破棄された事ですし、韓国に渡航する日本人の方は本当によく気を付けて下さい。



コメント