東京オリンピックチケットのセカンドチャンスや2次抽選の応募方法は?応募できる競技や種目についての情報も

気になる話題

こんにちは!

東京オリンピックのチケットを確保できましたでしょうか?

先日2020年に開催予定の東京オリンピックのチケット購入の募集・抽選がありましたがかなりの数の応募者の落選があったそうです(;’∀’)
その救済措置としてセカンドチャンス(2次抽選)を行うことが決まりました!

僕も応募してなかったので応募してみようとか思ってみたりして(笑)。

なので今回2次抽選の応募方法や応募締め切りなどの情報についてまとめてみました。

東京オリンピックチケットのセカンドチャンスの応募方法は?

ということでまずは”セカンドチャンス”についてまとめていこうと思います!

東京オリンピックの募集スケジュールの画像

先に8月にセカンドチャンスがあって今秋には2次抽選の募集が実施されますね。



東京オリンピックセカンドチャンスの応募条件

セカンドチャンスとありますが募集には条件がありまして

”一次募集でチケットが当選しなかった人が対象”

となっています(;^_^A

という訳で一次募集で応募を忘れていた僕は対象外だそうです(´;ω;`)

東京オリンピックセカンドチャンスの申し込み方法について

東京オリンピックの公式サイトや他のニュースサイトも巡回してきましたが、まだ申し込みは開始されていないようですね(;^_^A

また正式な発表や申し込みフォームの追加などがあれば再度この記事内に情報を追加していきますね!

上の画像でも紹介しましたが、セカンドチャンスは8月から募集される予定です。

東京オリンピックの公式販売サイト↓
https://ticket.tokyo2020.org/Service/NewsDetail?NoticeSeq=20

東京オリンピックのチケット2次抽選について

東京オリンピックチケット2次抽選の申し込み方法についてまとめていきます!

まだ公式サイトの募集フォームは更新されていませんが一次抽選と同じように上で紹介したページから同じように応募できると思われます。

この項目についても続報が入れば更新していきますね!

遅れましたがセンドチャンスと2次抽選は別物です(*’▽’)

特に2次抽選ではこれまで1次抽選・セカンドチャンスに応募したことに関する条件などは特に言及されていませんでしたので特に応募条件はないと思われます。

もともとは先着順に販売する予定とのことでしたが、アクセスの集中やサーバーのパンクが予想されるという事で2次抽選という名称に変わったそうです(‘ω’)

東京オリンピックチケットのセカンドチャンス・2次抽選で応募できる競技について

1次販売では322万枚の販売が確定したそうですが、セカンドチャンスでは数十万枚のチケットの販売を予定しているとの事であります。

セカンドチャンスにおいては応募できるのは1セッションだけとの事なのであまり申し込みはできないので本当に行きたいところに申し込みする必要がありそうですね(‘ω’)

※赤枠で囲ったところで1セッションとなります

東京オリンピックセッションの画像

マイナーだったりする競技は残っている席が多いのではないでしょうか?

と、書くつもりでしたがどれも見に行ってみたい競技ばかりだったのでここから空いてそうな競技を予想するのは難しいですね(;^_^A

競技の一覧として
水泳、アーチェリー、陸上競技、バドミントン、野球/ソフトボール、バスケットボール、ボクシング、カヌー、自転車競技、馬術、フェンシング、サッカー、ゴルフ、体操、ハンドボール、ホッケー、柔道、空手、近代五種、ボート、ラグビー、セーリング、射撃、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィン、卓球、テコンドー、テニス、トライアスロン、バレーボール、ウェイトリフティング、レスリング
があります!

収容人数が多い会場で考えてもオリンピックスタジアム68000人、東京スタジアム48000人とこの二つがダントツで収容人数が多いのですがどちらも開催する競技が多く何とも言えないですね(;^_^A

やっぱり行きたい競技に応募するのがよさそうですが、セカンドチャンス・2次抽選共に売り切れたチケットは募集に出ない可能性が高そうです。
募集が始まってからどれに応募するのかを考えてもよさそうですね!

東京オリンピックの2次抽選の当選確率を上げる方法

ちょっと面倒ですが、絶対にチケットを当てたい!という方に当選確率を上げる方法があったのでそれについても書こうと思います!

セカンドチャンス・2次抽選は応募する数を増やす

それは応募数を増やすことです!

当然ですが、応募する数を増やせば当選する確率が上がります(*’▽’)

東京オリンピックのチケットの応募のためにはIDの発行が必要になるのですが、そのIDは一人につき1つとなっています(;^_^A

なので家族や友人などに頼んで応募する数そのものを増やすことが方法として挙げられます!

チケットの転売は厳禁!

ニュースでも報じられていましたが、チケットの転売は禁止されています

下記の公式サイトページ上でも禁止していることをはっきりとアナウンスしています
https://tokyo2020.org/jp/games/ticket/rule/

転売しちゃうとそのチケットでは入場できなくなったりするのでやめておきましょう!

メルカリ・ヤフオク・ラクマでは、すでに禁止されています。

もし「あー!急用で行けなくなった!」「人ごみの中に行きたくない!」などの理由でチケットを何とか売りたいという方は2020年春からリセールサービスが開始する予定なので必ずそちらをご利用ください!

東京オリンピックリセールの画像

チケットの譲渡は親しい人なら行える

以下公式規約からの引用です!
https://ticket.tokyo2020.org/Home/TicketTerm?_ga=2.190383723.1543141899.1562413028-793456170.1562413028

36条(転売禁止の例外)
1.当法人から直接購入したチケットの第三者への譲渡は、東京2020公式チケットリセールサービスを利用した購入価格での再販売のみが認められます。ただし、チケット購入者は、チケット購入者の親族または友人、同僚その他の知人に対する場合に限り、同サービスによらずチケットを譲渡することができます。この場合でも、譲渡代金その他の譲渡対価として、チケットの券面額を超えた金銭または利益を受領してはなりません。

つまり親しい人なら譲渡することが出来ますが、譲渡の際の金額は購入した金額よりもお金を受け取ってはいけないということです(‘ω’)

チケットの名義変更は公式HPからマイチケットの画面で名義変更が出来ます。

ホントは画像を使って説明したかったのですが、申し込み受付も終わってて出来ませんでした…。

セカンドチャンス・2次抽選は応募する日を平日に

休日に日程を取るよりも平日に取った方がチケットが取れそうです(*’▽’)

フェスなどもそうですが平日はチケットに余裕がある傾向にあります。
※本当にないときはそれでもないけど…。

仕事が土日が固定でなければ行きやすいですが、そうでなければ有休をとったりなどの対策をしないといけませんがその手間を考えなければチケットを取る可能性が上がります

さいごに

まとめ的な感じになりますが東京オリンピックのチケットの応募チャンスは

  1. 一次抽選で応募した人はセカンドチャンスが8月に
  2. 2次抽選

の二回になりますね!

国内でも最大級のイベントになるので開催地に近い方は是非最後のチャンスにかけてみてください(*’▽’)



コメント