聖火リレー、福岡のルート・日程について!~ランナーの募集もあるよ~

オリンピック

(7/10更新)

皆さんこんにちは!

来年はとうとう東京オリンピックが開催されますね(*’▽’)

経済・物流・交通等々たくさんの業界が動くといわれている、この国家の威信をかけた大イベントですが‼‼‼

正直東京の会場まで行って見に行く人は日本全体の人口の100の一も居ませんよね(笑)
勝手な予想ですが、実際には国外からもたくさん来日する観戦者の方が多いんじゃないかとか思っちゃいますね(*´з`)

ですが!

オリンピックの開催の前には聖火リレーがあります!(`・ω・´)

なんとこの聖火リレー日本全国を回るそうです(‘ω’)

857市区町村を121日間かけて巡るそうです。

なんとリレーのルートは日本全国の方がなるべく観戦・参加できるように設定してあるようで、人口のカバー率はなんと驚きの

98%!!!(日本人口全体の)

すごくないですか!?

車・電車で1時間で行ける距離で聖火リレーが開催されるとなると見に行くしかありませんね!

という事で今回は僕の地元でもある福岡における聖火リレーのルートなどを調べてみました!

福岡に住んでるよーって人は是非見ていってくださいね!

福岡聖火リレールート・スケジュール

聖火リレーが実施されるのはもちろん2020年!(*’▽’)

の5月12日~5月13日の日程で行われます。

1日目の5月12日は大牟田市→筑後市→糸島市→久留米市→春日市→朝倉市→東峰村→大牟田市→志免町→福岡市

セレブレーション会場:福岡市 博多駅前

2日目の5月13日は築上町→田川市→添田町→飯塚市→桂川町→宮若市→宗像市→中間市→福津市→北九州市

セレブレーション会場:関門海峡ミュージアム イベント広場

上の福岡県全体の画像で見ると聖火リレーの実施が行われるのはこんな感じになってますね!

赤で染められているところが1日目で茶色で染めているところが2日目です。

これを2日間で回るのか…すごいなマラソンランナーΣ(・□・;)

ちなみにセレブレーション会場ではいろいろな出し物があり、聖火を聖火皿に灯すセレモニーが開催されるとのことです。



聖火ランナーの募集要項も発表されました!

耳が早い方はすでにご存じかもしれませんが、なんと聖火ランナーは一般の方も参加できるそうです!

・2020年4月1日時点で中学生以上
・希望する都道府県にゆかりがある
※3月1日時点で18歳未満の場合は要保護者の同意。

リレーの公式スポンサー4社が6月から、各都道府県が7月からそれぞれ募るそうです!受付開始日は

日本コカ・コーラが6月17日 
トヨタ自動車、日本生命、NTTが6月24日
都道府県が7月1日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※公式サイトのリンクを張っておきます!
日本コカ・コーラ(https://team.cocacola.jp
トヨタ自動車(https://tokyo2020.torch-relay.toyota.jp
日本生命(https://seika.nissay-cp.jp
NTT(https://2020.ntt/jp/tokyo/torch/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

応募機械は全部で5回ありますが走れるのは1回だけです!

ちなみに政治家はランナーになれず宗教家がその実績でランナーになることも出来ないみたいですね(´・ω・`)
宣伝になるからかな?

1日当たり22人を各都道府県が決めることが出来るそうなのですがそのうちの半数以上を公募で選ぶそうです!
公募の締め切りは8月31日までとのことです!

スポンサーが募集する人数は非公表ですが総数はなんと1万人の見込みだそうです。

1日あたり80~90人が200ⅿくらいをゆっくり走るそうです(*’▽’)
ゆっくり走るのなら体力のない人でも安心ですね( *´艸`)

当選発表は年末でユニホームは支給されますが交通費・宿泊費は自己負担とのことです(´・ω・`)


このユニホームシンプルでなおかつ「和」って感じでいいですね☆

さいごに

オリンピックの会場に競技を直接見に行くのは難しいかもしれません(´;ω;`)

ですが!聖火リレーに参加するのは結構ハードルが低くて思い出作りに良いんじゃないでしょうか(*’▽’)



コメント